生理痛の仕組みです^^

2018年05月25日

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

私は大阪市で産前産後専門院
ほんじょうレディース整体を運営しています
院長『骨盤MEIJIN』こと田中明人と申します。

私の院は産後の方が約8割、妊婦妊活で2割の割合でお越し頂く院です。
基本女性のみのレディース整体院としており、
さらに整体院と託児施設を融合した新しい院作りをしております。

施術者は全員国家資格者であり、託児スタッフは全員国家資格者の保育士で
構成しているのがウリです^^

さて今回は生理痛の仕組みを
お伝えします

生理痛の原因

詳しく説明

(産婦人科の見解)

生理痛の原因は?

ひと言で生理痛といっても、痛みの程度、症状、痛む場所など、
同じ女性であっても千差万別。
一人ひとりが別々の生理痛を、毎月経験しているといってもいいくらいです。

ではなぜ生理痛は起こるのでしょう。
特に大きな要因となっているのは

「プロスタグランジン」という物質です。

※まとめると

生理が起こる際は
子宮内膜からプロスタグランジンと言うホルモンが作られ、

子宮に作用する事により、

子宮収縮が起こり、子宮内膜が排出されます


この時の子宮収縮が生理痛と呼ばれる痛みです



お問合せはこちらから

夕方割引

ほんじょう整骨院ではクレジットカードもご利用いただけます!

LINE

アーカイブ

大阪市北区で1位になりました

COPYRIGHT© ほんじょうレディース整体 ALL RIGHTS RESERVED. Design by PORTALS